ローザンヌ国際バレエコンクール元審査委員長ヴィム・ブルックスが推奨するバレエ専門のストレッチです。東京・杉並区リンバーストレッチへお問合せ下さい。
夢に向かう今のあなたに1番の近道を提供するバレエセミナーです。2019年12月24日~12月29日開催◆30日オーディション開催・バレエ団オーデションに有利な事を
ご指導できるセミナーはここだけ いつでもヴィム・ブルックスがあなたの側に・・・をもっとうに

事務所
〒167-0032 東京都杉並区天沼2-2-17
(株式会社リンバーストレッチJapan) 

お問合せはこちらへ

090-1700-3759
03-3392-7783
受付時間
AM9:00~PM11:00
休業日
年始1月1日~1月3日
 
ローザンヌ国際バレエコンクール元審査委員長

ヴィム・ブルックス プロデュース
バレエセミナー2019(ワークショップ)』
【 講師紹介 】

Wim Broeckx(ヴィム・ブルックス)

主任講師。
バレエクラス、ポワント&レパートリークラス、

プライベートレッスン、カウンセリング担当。

プロフィール

1961年ベルギー・アントワープ生まれ。

ベルギーロイヤルアントワープバレエ学校入学。
1980年ロザンヌバレエコンクールファイナリスト
フランダースロイヤルバレエ団入団
ロンドンフェスティバルバレエ移籍(イングリッシュナショナルバレエ団の前身)を経て
オランダ国立バレエ団ソリストとして移籍
1986年同バレエ団プリンシパル昇格。

数々の世界的ガラコンサートや有名バレエ団公演にゲスト出演。

2000年オランダ国立バレエ団バレエマスター就任。
2002年オランダ王立ハーグ音楽院バレエ科校長・ダイレクター就任
2003年/2005年/2007年ローザンヌ国際バレエコンクール審査委員

2008年ローザンヌ国際バレエコンクール審査委員長兼芸術監督を務める。

現在は、運営委員のメンバーとしてコンクールと関りを持っている。

現在、オーストラリアへ渡りオーストラリアを中心にオセアニアの若手ダンサーを精力的に育成。長年のキャリアからも欧米のバレエ学校・バレエ団共とも強い繋がりを持っている。

Karen Donavan(カレン・ドナヴァン)

小学4年生~小学6年生クラス 担当講師。
バレエクラス、ポワント&レパートリークラス、

プライベートレッスン・ポワントの選び方・

カウンセリング担当。

プロフィール

オーストラリアクイーンズランド州出身、
1978年英国ロイヤルバレエスクールに入学
1979年Adelin Genneコンクールにて銅メダルを獲得。

1980年にロイヤルバレエスクール卒業後 バーミンガムロイヤルバレエの前身であるSandler’s’ Wells Royal Ballet 団に入団。1989年プリンシパルに昇格後、数々のクラシックバレエの全幕の主役を踊る。

オデット/オディール、スワニルダ、ジゼル、金平糖、パキータ(プリンシパルロール)、
キトリ、テーマとバリエーションなど幅広い役柄、また沢山の著名な振付家と共に仕事をする。

引退後1993年英国の国家公認UKピラティス、バレエ教師の資格を習得する。

ロイヤルバレエスクールに勤務し、生徒たちのオーデションに向けての指導を行う

2009年オーストラリアに帰国後Jaqueline Moreland Award やCity of Sydney Macdonald  Scholarship などオーストラリアの著名コンクールの審査員を務めると共に、

■著書のPoints of Viewはポアントをこれから履くための生徒達に大変好評であり、大変優れた低学年のバレエ生徒への教えはオーストラリア国内外から大変評価を受けている。

現在ヴィム・ブルックスと共にアネット・ロゼリーダンススクールにて主任講師として勤務

Mark Dubovsky(マーク・デュボスキー)

キャラクターダンス担当

プロフィール

元ソビエト連邦(ウクライナ)出身。

キエフ音楽大学を卒業後1978年のオーストラリアへ渡豪。
Sydney Ballet Company, Sydney Dance Company,Northside  Ballet Academy、Victorian College of Arts and the Australian Ballet School、Tanya Pearson Classical Coaching Academyなど名門バレエ学校にて40年近くに亘り

キャラクターダンスを指導するとともにキャラクタークラスの伴奏をもこなす。

オーストラリア、ニュージーランドの主なバレエセミナーなどでも伴奏、指導を行う。
オーストラリア、ニュージーランド オセアニアへロシア民族舞踊を広めた第一人者である。ご自身が生演奏をされてご指導します。
音楽性を養い表現力を高める為には最適なクラスです。パッションあふれるご指導が大人気のクラスです。

2013年のProject LUCTバレエセミナーにて初来日。
2014年のProject LUCT 東京公演。
東日本大震災復興支援芸術プロジェクト国際ガラ公演に被災された次世代のダンサーを指導し、舞台へ上げました。

Can Arslan(チャン・アースラン)

コンテンポラリー、プライベートレッスン、カウンセリング担当

プロフィール

現在Nordharzer Stadtbund Theater芸術監督

ドイツミュンヘン出身。

ミュンヘンバレエアカデミーを卒業し、ベルリン国立バレエ団へ入団。
Wim Broeckx先生の弟さんのYanBroeckx先生と同時期を過ごす。
同バレエ団にてモーリス・ベジャールやイリ・キリアン、ナチョ・ドゥアトを始めとした振付家達と共に仕事をする。

振付家としてScopia Ballet/Ballett Dortmunt/Ballett Augsburg/Theater Bremerhaven /Theater Ulm/Lelattre Dance company Ballett Kiel/Mainfranken theater Wurzburgなどのドイツを中心とした有名カンパニーへ振り付けを提供。

2015年Nordharzer Stadtbund Theater の芸術監督に任命される。
今ヨーロッパ のバレエ界で注目されている振付家の一人である。

Naoki Kataoka(片岡 直紀)

リンバーストレッチ、キャラクターダンスクラス

(アシスタント)、カウンセリング担当

プロフィール

14歳単身で渡豪し、オーストラリアバレエ界の名教師タニア・ピアソン師を頼りに単身バレエ留学する。

オランダ王立ハーグ音楽院バレエ科入学。
ドイツ州立マンハイムホフシュレ主席で卒業。
カールスルーエバレエ団研修をへて、その後、恩師タニア・ピアソン先生のアシスタントを半年間務めた後

Singapore Dance Theaterに入団。
その後ドイツTheater Luneburg/Nordharzer Stadtbund Theaterにてソリストとして踊る。

2014年Tanya Pearson よりリンバーストレッチプログラムの著作権を授与。
2014年株式会社リンバーストレッチJAPANを設立、代表取締役に就く。

2015年7月新書館株式会社より、リンバーストレッチDVDを発売。
現在はリンバーストレッチを日本へ普及させるべく2017年度退団し帰国。

現在Kバレエスクール・チャコット・劇団四季 などでリンバーストレッチを指導する。
現在ダンスプロジェクトの企画者として活動中。
東日本被災復興芸術プロジェクト Project LUCT (プロジェクト ルクト)設立者。

Tatuya Muguruma(六車 龍也)

解剖学・体のカウンセリング・治療 担当

プロフィール

施術に訪れるダンサーから様々な悩みを聞くうちに、

スポーツ選手とは異なるダンサーの身体の使い方、運動特性に興味を抱き、バレエレッスンを体験。

ローザンヌ国際バレエコンクール日本事業部主催フランシス・ウエイツ、ヤン・ヌイッツ指導によるダンサーの為の「治療師コース」第1回に参加し、
驚きと共感を得る。その後も「治療師コース」に毎回参加、また札幌芸術の森バレエセミナーの解剖学講座やアドバイス・タイムなどを頻繁に見学し、ダンサー治療に対する理解を深めていく

■2002年から「解剖学」担当講師としても活躍中。東京下北沢において「悩めるダンサーを少しでも救いたい」と多くのダンサー施術にあたっている

 ■解剖学の必要性

 解剖学は主にパフォーマンスの向上と怪我の予防を目的としています。

怪我をすると痛みや可動域の減少が起こり、それに伴い動きづらさパフォーマンスの低下につながります。

また怪我が回復しないまま無理にレッスンを行うと傷めた所をかばい逃避性の代償動作を行うことにより怪我をした以外の場所が辛くなったり、やはりパフォーマンスが低下してしまします。

 解剖学では身体の仕組みを知りまずは怪我をしないための知識を得ること、これは同時に身体にとって無理のない使い方を知ることになるので、不得意とする動作が円滑に出来る近道・ヒントになります。

 仕組みを知り動作に余裕が生まれれば、余ったエネルギーを芸術的な表現へと使って行く事が出来、総合的にパフォーマンスの向上へと繋がります。

 

 よく心・身一体 と言いますが、心と身体の会話がとても大切です。

Aiko Ikeda (池田 愛子)

バレエ史 担当講師

プロフィール

札幌出身。学習院大学文学部史学科修士課程単位満了退学。

3才から札幌舞踊会にて、クラシックバレエを学ぶ。バレエ史研究を志し、

大学で史学を専攻。

ディアギレフの『バレエ・リュス』をテーマに卒論を提出。

1991年より長谷川六編集長のダンスワーク誌にて執筆開始。

1992年から93年までフランス・ランス市にあるダンスカンパニーLicorne付属ダンス学校でコンテンポラリーダンスを学び、カンパニー主催定期発表会にて、ソロ作品とデュオ作品を発表。

帰国後、バレエDVDの解説を執筆~モーリス・ベジャール『アダージェット』、『英国ロイヤル・バレエの夕べ』、『ソ連バレエの軌跡シリーズ』、『パリ・オペラ座☆輝けるエトワールたち』など。

 

現在、クラシックバレエ、バオソル、クルト・ヨース・メソッド、バロックダンスを学び続け、メソッドにとらわれない身体の探求を目指す。

IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ストレッチアドバンストレーナー。日本ダンスサイエンスアカデミー舞踊史講師。

 
 

Yuko Gotou(後藤 優子)

栄養学 担当講師

プロフィール

◆福岡県生まれ

◆保有資格:日本スポーツ協会公認
      アスレティックトレーナー、管理栄養士、

      スポーツ栄養士

 

◆現在の活動

 トレーナー養成専門学校でスポーツ栄養学の講義を
 担当する傍ら、女子実業団

 ハンドボールチーム、女子空手選手、男子競泳選手を食事とトレーニングの両面から

   サポート中。

 また、成人のダイエットサポートの経験から幼少期からの食育が重要だと実感し、

 自主性(思考・想像・問題解決)が育まれるフィンランド式教育をベースにした

 学童にてファシリテーターとしても活動しています。

 

主な経歴(トレーナー)
2007年2月〜2014年6月 中京大学水泳部トレーナー
2007年9月〜2010年5月 大同特殊鋼ハンドボール部アシスタントトレーナー
2010年9月~2011年9月  デンソー女子ボート部トレーナー コンディショニング
2014年4月~2018年11月 大学生女子テニス選手パーソナルトレーナー
 
主な経歴(管理栄養士)
2018年10月〜 空手-55kg級 山田沙羅選手 トレーニング指導、食事サポート
2016年11月 少年軟式野球(東京都) 選手、保護者向けの講演
2017年5月~11月 東京ガスクリエイターズ(アメフトXリーグ1部)栄養サポート
2018年7月~ オムロンピンディーズ(実業団ハンドボール)栄養サポート、トレーナーサポート
2018年8月~ 株)三谷産業所属競泳 毛利衛選手 スポーツ栄養マネジメントサポート、調理指導
2018年10月 はむら筋力向上プロジェクト セミナー講師「フレイル予防について」
2018年12月 株式会社FREEDA セミナー講師「咀嚼と健康について」

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-3392-7783

090-1700-3759

バレエクラス担当者直通は

 090-1700ー3759へ

 

受付時間 AM9:00~PM11:00

休業日 年始1月1日   

メール対応 年中対応

メールアドレス : nyh779428@gmail.com

ヴィム・ブルックス プロデュース バレエセミナー2019 (ヴィム・ブルックス プロデュース バレエワークショップ2019)(ヴィム・ブルックス プロデュース バレエインテンシヴ2019)

Webショップ 

弊社運営Webショップで、商品をお買い求めいただけます。

営業案内

受付時間

AM9:00~PM11:00

休業日


年末年始12月28日〜1月4日
メール対応 年中対応
メールアドレス:
nyh779428@gmail.com

お問合せはこちら

お気軽にご連絡ください。

03-3392-7783
メールは時間外でも受け付け
090-1700-3759

スタジオアクセス

■スタジオ ビーンズ
Aスタジオ:H1スタジオ
その他 お問合せそれぞれの
ページをご覧ください。

03-3392-7783
メールはは時間外でも受付
090-1700-3759