バレエ専門ストレッチのことなら、東京・杉並区リンバーストレッチへお問合せ下さい。
海外名門バレエ学校実技必修科目をパッケージにしたバレエセミナーの参加生徒募集中

事務所
〒167-0032 東京都杉並区天沼2-2-17(株式会社リンバーストレッチJapan) 
スタジオ
〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-50-4グランビル荻窪1F
                       ソフィバレエスタジオ

お問合せはこちらへ

03-3392-7783
受付時間
AM9:00~PM11:00
休業日
年末年始12月28日~1月4日
 

ポール・ド・ブラドブラの芸術性

【バレエのポール・ド・ブラについて勘違いする点】

 

腕の力、肩の力でポール・ド・ブラの動きを出そうとする方を多く見ます。

ポール・ド・ブラを使う時に腕や肩の筋肉を使う事により長いラインを出す事が出来なくなります。

 

★正しいポール・ド・ブラはどの筋肉を使うか?

背中の上の筋肉から手の動きを意識させる事により、良い長いラインを出す事ができます。

背中の筋肉をどのように使い、力みのないエネルギーの使い方により、

いかに伸びのあるポール・ド・ブラが得られるかが、リンバーストレッチの特徴の一つです。

 

★おへそ の下(水落)に釣り針が引っかかっており、その釣り糸が中指にコネクトされている

事をイメージし、意識をして中指が、おへその釣り糸を引っ張り上げる事により、腹筋が引き上げられる事を意識させるエクササイズが、リンバーストレッチの中には沢山組み込まれております。

 

★呼吸法とポール・ド・ブラの関連性は非常に密接です。

呼吸を止めたり、力んだりする事により、長いポール・ド・ブラのラインが死んでしまい、

ラインが短くなってしまいます。

中指に香水をつけてその香りを嗅ぐように、呼吸をポール・ドブラの動きと共にいたします。

 

ポール・ド・ブラの長いライン、芸術性を追求する事により、舞台やオーディション等で、

存在感の有る踊りが、出来るようになります。

 

その他メニューのご紹介

ヴィム・ブルックスバレエセミナー

ローザンヌ国際バレエコンクール元審査委員長ヴィム・ブルックスバレエセミナー

体幹の鍛え方

股関節の可動域を広くする

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-3392-7783

090-1700-3759

受付時間 AM9:00~PM11:00

休業日 年末年始12月28日〜1月4日

メール対応 年中対応

メールアドレス jupiter_musik@kss.biglobe.ne.jp

 

Webショップ 

弊社運営Webショップで、商品をお買い求めいただけます。

営業案内

受付時間

AM9:00~PM11:00

休業日


年末年始12月28日〜1月4日
メール対応 年中対応
メールアドレス:jupiter_musik@kss.biglobe.ne.jp

お問合せはこちら

お気軽にご連絡ください。

03-3392-7783
メールは時間外でも受け付け
090-1700-3759

スタジオアクセス

■スタジオ
 ソフィバレエスタジオ
【スタジオ住所】
〒166-0004 
東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-50-4グランビル荻窪1F

 ソフィバレエスタジオ

03-3392-7783
メールはは時間外でも受付
090-1700-3759